最近は風俗の業種も多様化しているので自分に合った業種の求人情報を選びましょう

下着姿の女性のイラスト

風俗の求人情報を見ていると、様々な業種があります。業種によって求められるトークの必要度や重要度が違っています。

■ピンクサロンは会話が不要!?
ピンクサロンは職場へ行ってみるとわかるかと思いますが、店内にかけられているBGMはとても大きいことが多いですので、会話をしても聞こえない可能性があります。

ですから、会話をすることというのがあまりないと言われているのです。コミュニケーションを上手に取れなくて悩んでいる人でもここなら安心して働くことができるかもしれませんね。

聞こえない分耳元で囁くというスキルが活かされる場合もありますよ。

■ヘルス系の仕事は?
ファッションヘルスとデリヘルに関しては、ホテヘルと比較すると話すことはほとんどありません。しかしサービスをしているとき、前後で黙ったまま行うということはありえませんので、それなりの世間話程度はしなければいけないでしょう。

ホテヘルはお店に来てくれたお客さんとホテルまで移動をします。その時間に会話をすることとなります。お客さんによっては、この時間に恋人気分を味わいたいと思っている人もいますので、会話を盛り上げるスキルが必要です。

手をつなぐ、スキンシップをとったり、恥じらいを見せたりすることで少しは会話を減らすことができるかもしれませんが、ホテルについてからもふたりっきりですので、やはりコミュニケーションは必要でしょう。

■オナクラは必要ない?
オナクラはコミュニケーションというよりも別の言葉を求められます。例えば言葉で攻めてもらいたいと要望があった場合には、言葉攻めをしなければいけないので勉強が必要です。

業種によって会話の数や頻度は違いがありますが、基本的には人と人が対面して行うサービスですので、コミュニケーションは必要です。